《蓬38號艦》戰記


蓬38号艦》戦記

《蓬38号艦》は、もともと日本佐世保軍港に属す駆逐艦であった。第二次世界大戦中、台湾左営軍港へ派遣・駐留され、台湾海域の作戦に配属されていた。《蓬38号艦》は樅型駆逐艦に属しており、第二次大戦中、日本帝国海軍によって建造された第二等級の駆逐艦であり、同型艦は21隻在籍していた。樅級は一番多く建造されたため、作戦投入後は何を長期的に第一艦隊(戦列艦部隊)の護衛任務に当てられた。《蓬38号艦》は護衛艦任務についており。

1944年11月23日午前10:00に撃沈された戦艦武蔵の生存者を台湾へ護送するために高雄港からフィリピンマニラ港へ向けて出航した。11月25日午前01:15同艦回航中、バシー海峡(北緯20度14分、東経121度50分)を通過中、米国海軍潜水艦《葉鰺》(SS-403)の魚雷が命中し、瞬時爆発によって沈没した。これによって乗組員全員145名は全員戦死した。艦長は日本国熊本県出身の高田又男大尉であり、終戦後戦死扱いで少佐に昇進した。

終戦後、紅毛港保安堂漁師が 屏東海域において操業中、一体の頭蓋骨が魚網に掛かった。この頭蓋骨は《蓬38号艦》の艦長高田又男であった。この頭蓋骨がすなわち、現在本堂で祀られている「海府大元帥」である。